ライターさんに朗報!アマゾンギフトカード払いはじめました。

【基本編】WordPress入稿ルール

入稿ルールをまとめました。

注意
OpenOfficeなどを使って執筆したものをWordPressに張り付けると、CSSも一緒に張り付けられてしまうためデザインが変わってしまいます。

その場合は執筆した文章を検索バーに張り付け、張り付けたものを再度コピペし、余計なCSSを取り除いてからWordPressに張り付けてください。

WordPressに直接執筆する場合はこのような問題は起きません。 

全記事共通の記事作成時のルール

全ての記事に共通する記事作成のルールをまとめました。

  1. 基本的には「。」で改行する
  2. 固有名詞(アーティスト名など)は太文字にする
  3. 本文中もラッパー名や芸能人は略さず正式名を使用する
  4. グループ名太文字にする
  5. アルバム名は太文字にする
  6. 楽曲名は太文字にする
  7. 重要な箇所には蛍光ペン(黄色)を使用し、太文字にする
  8. 見出しに「。」は使わない
  9. 文章に「!」は使わない※見出しはOKだが、乱用しないこと

見出しと目次の作り方

見出しにしたい部分を選択し、ツールバーの左端の段落をクリックすると見出しの候補がプルダウンで表示されます。

  • 見出し大にしたい場合は見出し2を選択
  • 見出し小にしたい場合は見出し3を選択
注意
目次は見出し大が2つ以上の時自動的に作成されます。プレビューを選択すると完成後の記事を確認することができます。

改行をする

Wordテキストファイルから張り付けた場合、改行がうまく反映されていない場合があります。

その場合は、改行したいポイントでEnterキーを押して改行してください。

うまく改行されていると行と行の間(縦)に一定のスペースができます。

注意
改行する箇所は句読点の「。」で改行してください。

蛍光ペンの引き方

蛍光ペンを引きたい場所を選択しスタイル→文字のスタイル→蛍光ペン(黄)を選択

蛍光ペンを使った箇所はふと文字にする

メモと注意を使って分かりやすくまとめる

補足情報や、注意事項は下記のタグを用い見やすく記事を構成する

MEMO
ここに文章
注意
ここに文章

吹き出しを使う

かんな

あああああああああああああああ
いいいいいいいいいいいいい

ポンコツくん

人物(ラッパーなど)の発した言葉は「吹き出し自分」を使って分かりやすく表示する

相手のラッパーが発した言葉は「吹き出し相手」を使って分かりやすく表示する

必ず、名前部分は編集すること

MEMO
画像はそのままでOKです。管理者が編集します。

リストの装飾(番号付きリスト、番号なしリスト)

リスト番号付きリストを使う場合は「ここにタイトルブルー」を使い下記のように装飾してください。

好きなブランド
  1. ああああああああああああ
  2. いいいいいいいいいいいい

SNSの貼り方

記事に貼るやり方をまとめました。

YouTubeの場合

URLをそのまま貼ってOKです。

注意
YouTubeの「プレイリスト」からURLをコピペして貼るとバグが発生します。(プレイリストそのものが貼られてしまうため、目的の動画のURLを貼ることができない)この場合は目的の動画のタイトルをコピペ→検索してから張り付けてください。

TwitterのTweetを張り付ける場合

手順は下記のとおりです。

  1. 目的のTweetの右上の下矢印をクリック
  2. ツイートを埋め込むをクリック
  3. Copy Codeをクリック
  4. WordPressの記事作成画面右上にあるテキストをクリック(入力方法をビジュアルからテキストに変更する)
  5. 目的の場所に張り付ける
注意
URLを修正しないで張り付けた場合、Tweetが表示されない場合があります。 

Instagramの場合

手順は下記のとおりです。

  1. Instagramで目的の投稿をクリックし
  2. 右上にある「」をクリック
  3. 埋め込み」をクリック
  4. 「キャプションを追加」のチェックを外す
  5. 「埋め込みコードをコピー」をクリック
  6. WordPressの記事作成画面右上にあるテキストをクリック(入力方法をビジュアルからテキストに変更する)
  7. 目的の場所に張り付ける
注意
Instagramは下書きの状態だと、うまく表示されませんが
プレビューで確認すると表示されます。上記のやり方以外(URLをそのまま貼るなど)の場合ページの表示がとても重くなるのでNGです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA