ライターさんに朗報!アマゾンギフトカード払いはじめました。

サンプル記事①

Leon Fanourakis(レオン・ファノラキス)は、神奈川県横浜市出身のラッパーです。

第8回高校生ラップ選手権に出場し優勝を果たして知名度を上げ、まだ若いながらも勢力的に活動を広げています。

ANARCHYが主宰のレーベル、ONE PERCENTにも所属していて、若手ラッパーの中でも一際存在感を放っているラッパーです。

Leon Fanourakisのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leon Fanourakis(@leonfanourakis)がシェアした投稿

出生名山田レオン
アーティスト名Leon Fanourakis(レオン・ファノラキス)
年齢1998年12月22日(現在20歳)
身長172cm
血液型非公開
出身地神奈川県横浜市
事務所ONE PERCENT
レーベルONE PERCENT
公式サイトhttps://twitter.com/LeonFanourakis
STEP.1
幼少期〜小学時代
神奈川県横浜市に生まれる。

両親共に音楽好きで、その影響で小学生の頃からロックミュージックを聴き始める。

MEMO
小学生の時の髪型はモヒカン
STEP.2
小学校高学年〜中学時代
友人の影響でHIP HOPを聴き始める。

家にあった機材でDJやトラックメイクを始め、ラップもするようになる。

STEP.3
高校時代

初ライブを行う。

第8回「高校生ラップ選手権」に出場し、優勝を飾る

MEMO
ラップを始めた時のMCネームは「LEON a.k.a 獅子」

Leon Fanourakisは神奈川県横浜市のラッパーです。

両親は母親が歌い手で、父親は会社員ですが趣味で音楽を作ったりするなどの音楽一家に生まれました。

その影響で彼も音楽に興味を示し、ロックミュージックを聴き始めます。

10歳の頃、周りの友達の影響でJAY-ZLINKIN PARKなどのラップを聴き始め、自分で1からトラックメイクを始めています。

中学生の時、CDショップでBANを聴いて衝撃を受け、日本語ラップを始めます。

高校生の時、「Road To 横浜レゲエ祭」の選考に受かり、初ライブをかまします。

SoundCloudなどで曲をアップしていましたが、知名度を高めようと「高校生ラップ選手権」に出場します。

第8回大会では優勝を果たし、彼は全国的に名を上げていきます。

2019年にはファーストアルバム「CHIMAIRA」を発表し、破竹の勢いで日本のHIP HOPシーンを駆け抜けていくLeon Fanourakisは、今後のラップシーンを塗り替えていける存在として期待されているラッパーです。

Leon Fanourakisの愛用ファッション

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leon Fanourakis(@leonfanourakis)がシェアした投稿

Leon Fanourakisの愛用ファッションブランド
  • Adidas
  • APE
  • FUCKING AWESOME
  • HUF
  • X-Large
  • Lafayette
  • Y-3

Leon Fanourakisのファッションはカラフルなシャツやパーカーなどのスケータースタイルが特徴的です。

ストリートのオーバーサイズよりは少しオンサイズなサイジングがポイントです。

SNS上では、Lafayetteのアパレルを身につけている姿を多く見ることができます。

FUCKING AWESOMEHUFといったスケーターブランドも好んでいます。

Leon Fanourakisの歯(グリルズ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leon Fanourakis(@leonfanourakis)がシェアした投稿

Leon Fanourakisは、歯の装飾(グリルズ)が特徴的です。

グリルズは、アメリカのブラックカルチャーが発祥と言われていて、海外でも数多くのアーティストやラッパーが身につけているアクセサリーです。

日本ではYOU THE  ROCKKOHHSHOなどのラッパーが付けているのが印象的です。

Leon Fanourakisはグリルズやジュエリーが好きで、彼が身につけているグリルズはわざわざニューヨークに行って作ったと話しています。

歯をむき出した時に見えるゴールドのグリルズもLeon Fanourakisのファッションの特徴と言えます。

Leon Fanourakisに彼女はいる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leon Fanourakis(@leonfanourakis)がシェアした投稿

Leon Fanourakisに彼女はいるのでしょうか。

SNS等では、彼に付き合っている恋人がいるとの情報は得られませんでした

休日は自分のスタジオに仲間たちと溜まって遊んだり音楽を作ったりするとインタビューで答えていて、恋愛より音楽や仲間たちと遊んでいるほうが楽しいということです。

Leon Fanoutakis

HIP HOPが好きな子がいいかもしれない

好きな女の子のタイプは好きになった子がタイプで、露出が多めで髪の長い子が良いと答えています。

Leon Fanourakisの髪型

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leon Fanourakis(@leonfanourakis)がシェアした投稿

Leon Fanourakisは、なんといっても髪型が特徴的です。

これぞHIP HOPの象徴というようなブレイズヘアやショートドレッドと呼ばれる髪型がとても印象的です

編み込みの一つ一つが太く、留め具や緑、紫、黄色などのカラーも入っていて、一度見たら忘れられないようなインパクトがあります。

彼は有名になった「高校生ラップ選手権」の時からすでにこの髪型でした。

この髪型はまさにLeon Fanourakisのトレードマークともいうべき存在感を放っています。

Leon Fanourakisのグッズ


Leon Fanourakisは、自分の作品にちなんだグッズを発表しています。

ファーストアルバム「CHIMAIRA」のリリースを記念したワンマンライブ限定で発売されたTシャツは、即ソールドするほどの人気でした。

2020年4月には、ニューヨーク出身のアーティスト AK THE SAVIORとの共同アルバム「FLATBU$H ¥EN」をテーマにしたTシャツやパーカー、コインケースなどを発表しています。

グッズなどは彼が所属するレーベル、ONE PERCENTのショップ内で購入できます。

Leon Fanourakisがラップスタイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leon Fanourakis(@leonfanourakis)がシェアした投稿

Leon Fanourakisが本格的にラップを始めたきっかけは、HOOLIGANZのメンバー、BANのラップを聴いて喰らったのがきっかけでした。

Leon Fanourakis

日本語でこのフロウができるんだと思った。

巡り合わせは数奇なもので、母親の知り合いの知り合いにBANがいるということがわかりました。

そして連絡を取ってもらい、彼に直接会うことができ、曲を持っていっては聴いてもらいアドバイスをもらえるという機会に恵まれました。

Leon Fanourakisは日本語ラップを聴かない?

 

Leon Fanourakisは、ニート東京のインタビューで日本語ラップを聴かなかったと答えています。

Leon Fanourakis

お経っぽかった、そこにかっこよさを見出せなかった

トラックに関してもあまりかっこいいと思えなかったといいます。

オールドスクールなトラックにも飽きていて、音ががちゃがちゃしていたり、ノリが良くなかったりという不満を感じていました。

今は良さが分かると話しています。

Leon Fanourakis

日本語ラップでかっこいいラップを作る

Leon Fanourakisのフリースタイル

Leon Fanourakisが一躍有名になったきっかけは、フリースタイルバトルでした。

それまでフリースタイルをほとんどやっておらず、練習もほとんどしない状態で高校生ラップ選手権に出場します。

第8回目の選手権では、当時こちらも大人気だったラッパー言×THEANSWERを蹴散らし、優勝を果たします。

その他にも、過去にTHE 罵倒戦極MC battleなどにも出場しています。

Leon Fanourakisの相棒はYamieZimmer

YamieZimmerは98年生まれの日本のビートメイカーです。

その若さからは想像もできない緻密なこだわりや天才的なトラックメイクは、ヘッズからも支持を得ています。

Leon Fanourakisと彼はラップを始めた頃から一緒にやっていて、Leon Fanourakisのラップトラックにはほとんど彼が携わっています。

Leon Fanourakisのスタジオに溜まる仲間の1人です。

レーベルONE PERCENTに移籍するときも、2人は一緒に契約を結んでいます。

相棒や盟友という言葉がピッタリ合う2人です。

Leon FanourakisとANARCHY

Leon FanourakisANARCHYが出会ったきっかけは「ラップスタア 誕生! シーズン2」です。

この番組で見事優勝を果たした彼は、ANARCHYが主宰している音楽レーベルONE PERCENTと契約します。

ANARCHYは彼のことを

Pretty Motherf**ker

ANARCHY

これは、Leon Fanourakisプライベートとステージに立つ姿のギャップを称えたものです。

普段はニコニコと人懐こい表情をしていますが、ステージに立つやいなや剥き出しの形相でラップをする彼の姿は非常に魅力的だという意味です。

Leon Fanourakisのアルバム

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leon Fanourakis(@leonfanourakis)がシェアした投稿

2019年4月に発表された「CHIMAIRA」(キマイラ)は、Leon Fanourakisのデビューアルバムです。

YamieZimmerはもちろんのこと、ANARCHYChaki Zulu、親友のSANTAWORLDVIEWも参加しています。

全16曲というボリュームですが、その中の12曲はYamieZimmerがトラックを提供しています。

Leon Fanourakisの一度聴いたら忘れられないラップやリリックの世界観をたっぷり堪能できる一枚です。

Leon Fanourakisのおすすめ楽曲厳選3選

Leon Fanourakisのおすすめ楽曲厳選3選
  • Leon Fanourakis / BOUNCE feat.SANTAWORLDVIEW
  • Leon Fanourakis / #SHIBUYAMELTDOWN feat. Psy P & Melo from Higher Brothers & SANTAWORLDVIEW
  • Leon Fanourakis / NO LIGHTS

Leon Fanourakisは2020年現在、1枚のアルバムを発表しています。

2020年8月には1年ぶりのソロ作品を発表しています。

中毒性のあるフロウと声がヘッズの耳を捉えて離さない、そんなラッパーLeon Fanourakisのおすすめ楽曲3曲を紹介します。

Leon Fanourakis / BOUNCE feat.SANTAWORLDVIEW

2019年に盟友SANTAWORLDVIEWを客演に迎え、トラックもYamieZimmerと、地元横浜のパワーを示した曲です。

Leon Fanourakisの代表的な1曲です。

Leon Fanourakis

Bounce Bounce 隣のやつ Who’s that?

Bounce, bounce 誰より Turn up fucked up

Bounce, bounce 飛び過ぎ Oh my god

Bounce, bounce 気にすんな Drop した Cup

Leon Fanourakis / #SHIBUYAMELTDOWN feat. Psy P & Melo from Higher Brothers & SANTAWORLDVIEW

中国の新星ラッパー、Higher BrothersPsy P MeloSANTAWORLDVIEWとの共作です。

トラックはもちろんYamie Zimmerです。

Leon Fanourakis

今日は二度来ないからぶっ飛ぼう

また仲間がいってるずっとこう

I’m a motherfuckin バンガーで作った Mosh

これハイヤーと Yamie とシシ SANTA

Leon Fanourakis / NO LIGHTS

2020年に発表された、Leon Fanourakisの1年ぶりのソロ作品です。

アメリカ・テキサス出身のビートメイカーrockteeがトラックを担当しています。

Leon Fanourakis

No lights 灯を消したらすぐさま おっ始めるから

No lights まるで Ghost

この暗闇暴れてやりたい放題

Black out しすぎて昨日俺何した?

壊れた脳内 今から No lights

Leon Fanourakisの仲の良いラッパー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leon Fanourakis(@leonfanourakis)がシェアした投稿

Leon Fanourakisの仲の良いラッパー
  • ANARCHY
  • WILYWNKA
  • YamieZimmer
  • SANTAWORLDVIEW
  • Donatello
  • LEX

Leon Fanourakisは休日も自分のスタジオを溜まり場にして、仲間たちとラップを作ったり遊んだりするといいます。

YamieZimmerSANTAWORLDVIEWといったラッパーは地元の仲間で、よく遊んでいます。

また、WILYWNKALEXといった同年代のラッパーとも共演をしたり、一緒に曲を作ったりなどしています。

SANTAWORLDVIEW

 

この投稿をInstagramで見る

 

SANTAWORLDVIEW(@santaworldview420)がシェアした投稿

2人は地元が一緒で、SANTAWORLDVIEWがラップを始めるきっかけになったのがLeon Fanourakisでした。

家の近くに遊びに来て、ラップをしているのに食らった

SANTAWORLDVIEW

2人はお金もろくに持たず地元の山下公園でずっとラップをして、噴水の水を飲んだりなどしてずっと遊んでいました。

SANTAWORLDVIEWもラップスタア誕生でファイナルステージまで勝ち残ったという経歴があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA