ライターさんに朗報!アマゾンギフトカード払いはじめました。

Webライティングを最短で上達するための基本・コツとテクニック【コンテンツの価値を劇的に高める!】

かんな

今回は特別にWebライティングの極意を伝授するわ
ありがたい

ポンコツくん

この記事を読んでわかること
  • 読みやすいWebライティングスキルを身につけるための基本
  • 直ぐに身につくWebライティングコツ
  • 文章の良い例と悪い例の具体例と改善点

Webライティングは、ただ「文章が上手に書ける」だけでは務まらない仕事です。

読み手であるユーザーに記事を読んでもらい、何か行動を起こしてもらうためには、ライターが押さえておくべき「Webライティングのポイント」があります。

今回は、Webライティング初心者の方に向けて、Webライティングの基本とコツをお伝えします。

この記事に書かれている方法を実践すれば、Webライティングのスキルが身に付き、クライアントやユーザーに重宝されるライターとなることができるでしょう。

Webライティングの前に身に付けたいスキルとテクニック

Webライティングに限らず、ユーザーに伝わる文章を書くときの基本を解説していきます。ここで解説しているのは最低限のスキルなので必ず習得して下さい。

検索スキルを身につける

Webライティングでは、自分が得意とする分野の記事ばかりを書くわけではありません。ライターとして重宝されるには、専門知識のない記事のジャンルでも書ける必要があります。

初めて挑戦するジャンルの記事を書くためにも、検索スキルを身に付けましょう。検索エンジンを駆使して必要な情報を効率的に見つけることはもちろん、書籍や論文など紙媒体の書面に当たることも重要です。

検索スキルが身に付けば、初めて挑戦する分野の記事でも説得力のあるライティングができるようになります。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)で「キーワード」を検索すると、SEOで上位表示している競合の記事を一覧で取得することが可能です。

専門分野以外の記事を書く場合は最低でもこのサイトを使って競合のコンテンツを確認しましょう

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

これはすごい便利!

ポンコツくん

かんな

他にも便利なサービスをまとめてあるわ
【2019年最新】SEO対策で使える!無料サービスのまとめ25選【保存版】

誰が誰に向けて書くかを把握する

書き手(ライター)が誰でユーザーが誰であるかを把握しておけば、どんなに長文の記事であっても方向性を見失わず、明確な目的を持ったライティングができるようになります。とくに「誰に向けて書くか」は、記事の品質を左右すると言っても過言ではありません。

Webライティングでは、以下のようにさまざまな書き手とユーザーの関係があります。

書き手ユーザー
転職エージェント転職希望者
引越し業者のスタッフ引っ越しをしたい人
弁護士良い弁護士を探している人
家電量販店のスタッフ家電について知りたい人

たとえば「転職希望者」でも、「20代で初めての転職をする人」「ある程度のキャリアを積んだ40代の転職希望者」「どの転職エージェントに相談すべき悩んでいる人」では、記事に盛り込むコンテンツが変わります。

ユーザーを細分化すればするほど記事の目的が明確になり、有益な情報を発信することができます。

SEO対策の観点から見てもユーザーは細分化したほうが、検索エンジンからも高評価を得られる記事が書くことが出来ます。

記事を読んだ人のベネフィットを考える

ベネフィットとは、商品やサービスの利用者が得られる価値のことを指しています。Webライティングでは、ユーザーが記事を読むことで得られる情報や行動のきっかけをベネフィットと言います。

たとえば、引っ越しをしたい人に向けて記事を書く場合を考えてみましょう。

  • 料金が安い引越し業者がわかる
  • 東京の引越し業者のおすすめがわかる
  • 「トラックを借りて引っ越し」と「業者に依頼して引っ越し」のメリット・デメリットがわかる

以上のようなユーザーが得られるベネフィットの違いにより、記事の方向性がまったく異なります。

記事のベネフィットを明確にすることでゴールを把握し、ゴールまでの文章の持っていき方が分かります。つまり、書き出しからゴールまで、求められている情報を必要なだけ盛り込んだ記事を書くことが出来ます。

Webライティングが上手くなる基本テクニック厳選7

Webライティングの基本的なルールを紹介します。

短い文章のなかで同じ単語を繰り返さない

短い文章や一段落の仲で同じ単語を繰り返すと、稚拙で平板な印象を与えてしまいます。

次の例で確認してみましょう。

悪い例
ここに文章引越し業者を選ぶときは複数の業者に見積もりを依頼し、比較することが大切です。また、料金だけでなくスタッフの対応やアフターフォローもチェックすることも大切です。

「大切」という単語に加え、「です」が連続で使われているため、読みづらい印象を受けるのではないでしょうか。

次のように表現を変えることで、ユーザーにストレスを与えない文章に改善できます。

良い例
引越し業者を選ぶときは複数の業者に見積もりを依頼し、比較することが大切です。また、料金だけでなくスタッフの対応やアフターフォローも必ずチェックしましょう。

後半の「大切です」を「必ずチェックしましょう」に置き換え、文章にメリハリをつけました。表現を変えても伝えたい内容は変わっていないことがおわかりいただけるでしょう。

このように同じ単語や文末表現が続きそうなときは、別の言葉に置き換えられないか試行錯誤することが大切です。

客観的な意見主観的な意見の順番に述べる

客観的な意見とはすでに調査データや論文などで一般に普及している「だれもが納得できる情報」のことです。

一方で主観的な意見とは、自分の考えや好みなど「自分が納得できる情報」のことです。

客観的な意見だけを列挙した記事はまとめ記事になってしまいますし、主観的な意見だけを述べるだけの記事は個人の感想文になってしまいます。

よほど業界内で多くの人から信頼や支持を得ている専門家ならまだしも、専門家でもないライターの意見だけでは書き手に信用されません。

はじめに客観的な意見を挙げることで一般的な意見や数値をユーザーに知らせ、それから主観的な意見を述べることで文章に説得力を持たせることができます。

次のようなライティングが客観的意見→主観的意見の例です。

客観的意見

2017年頃より退職代行サービスが注目されており、実際にサービスを利用して退職する人が増えています。

主観的意見

しかし、未払い給与の支払いや円満退職を希望する人は、トータルでサポートしてもらえる弁護士に依頼されることをおすすめします。

一般的な意見と反対意見を述べるにせよ、賛同意見を述べるにせよ、先に客観的意見を踏まえなければ、主観的意見の主張がユーザーに伝わりません。たとえライターの経験談を交えたとしても、です。

よって、必ず客観的意見→主観的意見の順番で文章を構成しましょう。

読みやすくわかりやすい文章を心がける

Webライティングの文章は簡潔で読みやすく、わかりやすいが基本です。

インターネットで読めるブログやWeb記事などは、ここ数年のスマートフォンの普及により、通勤中や休憩中といったスキマ時間に読まれるメディアとなりました。

総務省の「通信利用動向調査」によると、2017年の端末別のインターネット利用率はスマートフォンが59.7%と最も高く、パソコンの52.5%を上回っています。

参考:総務省|平成30年版 情報通信白書|インターネットの利用状況

つまり、ユーザーがスマートフォンの小さい画面で読んでもストレスにならない文章を書くことが求められます。

少しでも読みづらかったり、わかりづらかったりしてユーザーにストレスを感じさせる記事は、最後まで読まれずにページを閉じられてしまいます。

専門家が読むような記事は別として、広く多くのユーザーに読んでもらいたい記事の場合は、専門用語を極力避けましょう。どうしても専門用語を使わざるを得ない場合は適宜解説を挟みます。

また、一文がダラダラと長く続く文章もユーザーにストレスを与え、ページを離脱される原因となります。ひとつの文章にひとつの情報だけを書く「一文一義」を心がけると、文章が簡潔で読みやすくなります。

Webライティングは「書き手の主張が書かれているか」よりも、「ユーザーにとって読みやすいかどうか」が鉄則です。

引用は信頼できる書籍やサイトの一次情報を載せる

引用は、信頼できる書籍やWebサイトの一次情報を載せることがWebライティングのルールです。

たとえば医療関係の記事で引用をする場合は、まとめサイトや個人ブログよりも、大学の研究論文や研究結果、国の機関が発表しているデータが信頼できる情報となります。

信頼できる情報を引用することは、記事やサイトの信頼性の向上に繋がり、SEO対策の観点でも好ましい作法です。

指示語や代名詞は極力使わない

悪い例

A社は見事にV字回復を達成。翌年、この会社は東証一部上場を果たした。

良い例

A社は見事にV字回復を達成。翌年、同社は東証一部上場を果たした。

「これ」「それ」「あれ」「どれ」といった指示語や代名詞を多用すると、わかりにくい文章になるだけでなく、ユーザーに稚拙な文章という印象を与えてしまいます。どうしても使わなければ文章自体が不自然になってしまうというケースを除き、極力使わないようにしましょう。

SEO対策の観点で見ても、検索エンジンは指示語や代名詞が指すものを的確に判断できるわけではないため、わかりにくい文章という評価を下されてしまいます。

書き手の憶測で書かない

書き手の個人的な憶測には根拠となる情報が示されないため、ユーザーにとっては事実かどうかの判断ができず説得力がありません。虚偽の情報をインターネットで流布させると「偽計業務妨害罪」という罪に問われる可能性も考えられます。

事実かどうかがわからず疑問が残る文章は、ユーザーにとってストレスになります。書き手が何かを述べたら、すぐに信頼できる一次情報を根拠として提示、ユーザーを早めに納得させることが大切です。

誇大表現を使わない

100%減量できる」や「絶対に成功する」といった誇大表現は、景品表示法や薬機法という法律で禁止されています。

アフィリエイトを含む商品・サービスへ誘導する目的の記事で景品表示法や薬機法に違反する表現があれば、処罰の対象となる可能性もあるため注意が必要です。

Webライティングでコンテンツの価値を最大限に高めるコツ厳選8

Webライティングの基本を押さえたら、次は説得力があってユーザーから高い評価を得るライティングのコツを掴みましょう。

執筆する前に記事全体の構成を考える

長文のWebライティングでは、先に書き手の考えをまとめてから文章を書き進めるという順番で行うと、整理された読みやすい記事になります。

実際に文章を書き始める前に、情報をまとめて文章の骨組みとなる構成を考えましょう。

構成は「はじめに」から「おわりに(まとめ)」まで、起承転結を意識すると、スムーズに執筆作業を進められます。また、前述した「誰が誰に向けて書くか」「記事を読んだ人のベネフィット」を盛り込むと、記事の流れがスムーズです。

構成を作成するプロセス

STEP.1
プロセス1:書くべき項目を取捨選択する

記事のテーマに沿って情報収集を行い、見出しに設定する項目を洗い出します。

たとえば「引っ越し 東京 おすすめ」というテーマで記事を書く場合、ユーザーは「引越し業者に依頼するメリット・デメリット」よりも、「東京で安い引っ越し業者」「東京から他県へ引っ越すときの料金の相場」「閑散期・繁忙期」が知りたいはずです。したがって、記事の見出しには「料金相場」や「東京でおすすめの引越し業者」などを設定します。

STEP.2
プロセス2:ユーザーの関心を引く順番に見出しを構成する

前述したように、インターネットで情報収集をするユーザーは自分が欲している情報が書かれていないと判断したら、すぐにページから離脱してしまいます。したがって、構成ではユーザーが知りたい情報から優先して構成します。

たとえば「引っ越し 東京 おすすめ」でネット検索するユーザーは、「東京でおすすめの引越し業者」を知りたいはずです。記事の前半部に「東京でおすすめの引越し業者」を持ってきて、その後に「東京の引っ越しの料金相場」や「依頼から引っ越しまでの流れ」などの内容を書きます。

STEP.3
プロセス3:構成をもとに文章を書く

構成をもとにして文章を書き進めます。

以上のように、文章を考える「構成」と文章を書く「執筆」のプロセスを分けて整理することで効率的に文章が書けるようになります。特に長文の記事を書くときに非常に役立つ方法ですので、ぜひ実践してみましょう。

具体的な数字を書く

悪い例

ある調査によると、未婚の独身者の多くが婚活サービスを利用してみたいと答えています。

良い例

ブライダル総研の調査によると、未婚の独身者の約26%が婚活サービスを利用してみたいと答えています。

具体的な数字を提示することで、文章に説得力を持たせることができます。

上記の例では、Aの文は「多い」と表現とされていますが、曖昧でどれくらいの多いのかがはっきりしません。一方で、Bの文のように具体的な数字を提示すると、ユーザーはどれくらいの多さなのかが具体的にイメージできます。

さらに、情報源がわからない数字はデータの正確性が疑われ、記事の評価を落としてしまいます。正確なデータであるということを示すためにも、前述したように信頼ある一次情報を引用しましょう。

結論・理由・具体例・結論の順番で書く

わかりやすく簡潔なライティングのコツは、結論・理由・具体例・結論の順番で書くことです。プレゼンテーションやビジネス文書では、最適な文章構成の作法として採用されています。

次のような2つの文章があった場合、どちらのほうがストレスを感じずに読むことができるでしょうか。

A

リフォームを検討する際は、複数の施工業者に見積もりを依頼しましょう。

なぜなら、リフォームは定価がはっきりと決まっているわけではないため、工事の提案や見積もりの費用は業者によって異なるからです。

大手ハウスメーカーは豊富な実績とノウハウがありますが中間マージンが発生するため料金が高くなります。一方で地元工務店は大手ハウスメーカーほどの実績やノウハウはありませんが、少人数経営で小回りが聞きやすく、料金が抑えられるという特徴があります。

実際に見積りを依頼するときはリフォーム内容に合わせて依頼先を絞り込み、23社を目安とすることをおすすめします。

B

たとえば、大手ハウスメーカーは豊富な実績とノウハウがありますが中間マージンが発生するため料金が高くなります。一方で地元工務店は大手ハウスメーカーほどの実績やノウハウはありませんが、少人数経営で小回りが聞きやすく、料金が抑えられるという特徴があります。

なぜなら、このようにリフォームは定価がはっきりと決まっているわけではないため、工事の提案や見積もりの費用は業者によって異なるからです。

よって、リフォームを検討する際は複数の施工業者に見積もりを依頼しましょう。リフォーム内容に合わせて依頼先を絞り込み、23社を目安とすることをおすすめします。

ABを読み比べた場合、PREP法に従って書かれたAの文章のほうが読みやすい印象を受けるのではないでしょうか。

Webライティングでは、ユーザーに伝えたい情報は記事の前半、文章の前半に書かないとユーザーの離脱を招いてしまいます。

結論によってユーザーを惹きつけ、理由と具体例で説得力を持たせ、もう一度結論を述べてユーザーに納得してもらうための文章の書き方がPREP法なのです。

接続詞の使い方をマスターする

接続詞の使い方を正しく理解すれば、読みやすくメリハリのある文章が書けるようになります。

接続詞とは、順接の「よって」「したがって」、逆接の「しかし」「だが」、選択「あるいは」「もしくは」など、前文を引き継いで後文を明確に展開するために使用するものです。

もっと簡単に言えば、書き手が結論を述べたいのか、対立意見を述べたいのかなど、書き手の立場を明らかにするために使用します。

接続詞を正しく使用することで、ユーザーは文章の内容を理解しながら、テンポよく読み進めていくことが出来ます。

ただし、必要性のない接続詞を連続して使うと、途端に読みづらい文章になってしまいます。次の2つの文章を見比べてみましょう。

A
コーヒーに含まれるカフェインは覚醒作用をもたらします。しかし、副作用として不眠やめまいなどを引き起こすリスクもあります。したがって、カフェインは1回につき180mgまでの摂取に留めましょう。

B
コーヒーに含まれるカフェインは覚醒作用をもたらしますが、副作用として不眠やめまいなどを引き起こすリスクもあります。カフェインは1回につき180mgまでの摂取に留めましょう。

Aの文章には逆接の「しかし」と順接「したがって」の2つの接続詞が含まれ、かえって読みづらい文章になっています。

Bの文章は接続詞の「しかし」を接続助詞の「が」に置き換え、「したがって」を省略しているにもかかわらず、書き手の伝えたいことは変わっていません。Aの文章と比べると、読みやすくなったという印象を受けるのではないでしょうか。

漢字・ひらがな・カタカナをバランスよく使う

次のABの文章を見比べて、より読みやすいのはどちらの文章でしょうか。

A
従って、引っ越しの際は複数の業者に見積もりを依頼して、比較検討するお勧めします。
B

したがって、引っ越しの際は複数の業者に見積もりを依頼して、比較検討することおすすめします。

Aの文章のように、漢字変換できる単語を何でも漢字で表記すると非常に読みづらく、ユーザーがストレスを感じてしまいます。

Bの文章は一部の漢字をひらがなにして、両者をバランスよく配置しています。Aの文章に比べても読みやすく、ストレスなく読めるのではないでしょうか。

漢字・ひらがな・カタカナのバランスは「271」がベストと言われています。どの単語を漢字にするか、ひらがなにするかの基準は、共同通信社が発行している『記者ハンドブック』に準拠すると良いでしょう。

『記者ハンドブック』は、新聞記事に使われる標準的でわかりやすい文章を書くためのガイドブックです。Webライティングでも非常に参考になるため、ライターを目指す方は持っておくことをおすすめします。

画像やグラフを挿入して視覚的に訴える

Webライティングでは画像やグラフ、表が適度に挿入されている記事が高い評価を得やすい傾向にあります。なぜなら、その方が読みやすく、ユーザーに伝わりやすい記事になるからです。

たとえば、家電製品の売上の推移を紹介する場合に、テキストで売上を羅列するよりもグラフを用いて視覚的に見せたほうが、ユーザーに伝わりやすくなります。

テキストメインの記事に画像やグラフを適度に挿入、メリハリのある記事に仕上げることが、SEO対策で検索エンジンの上位表示を目指すためのポイントです。

ユーザーは「あなた」と表現する

記事を読んだユーザーに何か行動を起こしてもらうためには、「この記事を読んでいる人」や「みなさん」よりも、「あなた」と表現してユーザーひとりに向けた書き方にしましょう。

「あなた」と特定することでユーザーをより記事に引き込み、行動を起こしてもらいやすくなります。

前述したように、ユーザーは記事を読むことに飽きるとすぐにページを離脱してしまいます。Webライティングにおいては、ユーザーの注意を引くことは非常に重要な課題となるため、ぜひ「あなた」という言葉を使いましょう。

専門分野を伸ばし、独自見解を書く

Webライティングの基本とコツを身に付けたら、あなたが得意とする専門分野を伸ばし、独自見解が書けるようになりましょう。

たとえば、あなたが家電製品についてだれよりも詳しいという自負があるとしましょう。家電についての情報収集を徹底し、独自の考えや主張を発信できるようになれば、クライアントやユーザーに重宝されるライターになります。

「この分野なら他のライターには負けない」という強みを身につけることで、あなたのWebライティングは大きくステップアップするでしょう。

Webライティングの極意のまとめ

Webライティングの極意とは、「ユーザーにとって読みやすく、いかにしてユーザーの共感や行動を呼び起こす文章を書けるか」に尽きます。

引いては、高いライティング力を身に付けることで、大手企業から高単価の依頼を受けられるチャンスもあります。

ユーザーにとって有益な情報を提供する文章が書けて、なおかつライターとしての高い評価を得られるようになるためにも、今回お伝えしたWebライティングの基本とコツを実践していって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA