ライターさんに朗報!アマゾンギフトカード払いはじめました。

XserverでG Suiteを独自ドメインで使うやり方は?設定方法を詳しく解説

XserverでG Suiteを独自ドメインを使う事で下記のメリットがあります。

  1. Web制作会社に高い管理を払わなくて済む
  2. サーバーを変更する場合、自分でも簡単に移行出来る

※サーバー移行作業費用はメール移行作業や様々な費用が追加され、かなり高額になるケースがあります。

XserverでG Suiteを独自ドメインやり方

XserverでG Suiteを独自ドメインを解説していきます。

G SuiteDNSレコーを追加する

「DNSレコード設定」→「DNSレコード追加」をクリックします。

DNSレコード追加していきます。追加するレコードは下記の通りです。

種別内容優先度
MXaspmx.l.google.com1
MXalt1.aspmx.l.google.com5
MXalt2.aspmx.l.google.com5
MXalt3.aspmx.l.google.com10
MXalt4.aspmx.l.google.com10

ホスト名はwwwがない場合やサブドメインを使用していない場合は空欄でOKです。

G Suite の MX レコードの値

DNSレコード入力内容の確認

上記の様になっているか確認して下さい。

必要に応じて使用したいアプリケーションを各ホスト名に設定します。優先度は空白で問題ありません。

ホスト名種別内容
mailCNAMEghs.google.com
calendarCNAMEghs.google.com
docsCNAMEghs.google.com

デフォルトで設定されているレコードを削除する

重要
「DNSレコードの一覧」にはXserver用のMXレコードがデフォルトで設定されているので必ず削除して下さい。これを削除しないとメールが一向に届きません。

例 ドメインがashigal.comの場合

ホスト名種別内容優先度
ashigal.comMXashigal.com0
その他注意点
  • Xserverのメールアカウントがある場合は削除する

「メールアカウント設定」→「ドメイン選択」→「メールアカウント一覧」

ちょい面倒だけど、ポンコツにも出来た。

ポンコツくん

設定変更後は数時間待つ必要がある

ここの環境によりますが、設定変更後は数時間待つ必要があります。

私の場合は1時間程度で疎通し、いつも通りメールが使える様になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA